FC2ブログ
 ← BFBC2とMW2比較されがちだけど。 | TOP | 買い物依存症。感染拡大中。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


映画 プリンス・オブ・ペルシャ見に行きました。 

2010年05月29日 ()
公開初日のレイトショーなんですけど、まぁ人居るだろうなとおもったら
俺含めて15人いるか居ないかの人数しか入場者いてませんでした。(笑)



はい、ものすごく面白かったです。見て損はしなかったですね。
とりあえず、どれぐらい興奮したのかというと、帰宅するとき車のライトを付け忘れたまま走行するぐらい興奮しました。



本作は、ゲーム:プリンスオブペルシャ 時の砂のお話、世界観を基にして作られた別の物語です。
主人公のダスタンは幼い頃は孤児でスラムを生き抜いていました。
そんな中ダスタンの友人が国軍が道を通っているところに飛び出す失態を犯し、つかまってしまい
そのときにダスタンが現れ必死に友人を助けました。そのときの兵士を追い払う勇気ある行動を見た
国王のシャラマン王が、彼を連れて養子にしたというプロローグです。




既にシャラマンには二人の子供が居ました。血はつながってないけどダスダンと他の兄弟(兄達)と仲良しでした。



まぁ、そんな中でシャラマンの弟が国王になるために密かに計画を進行し、ダスタンを父親殺しにハメ
兄弟を争わせるという、権力争いのお話です。



まぁ、その父親殺しの真相をつかみながら時の砂のダガーが関わってくるのです。



感想は、以前UBIが公式に公開したアサシンクリード2の主人公エツィオの父親の物語の映画を公開しました。
あの映画のようなアクションが多々ありつつ、すこし派手でスリリングのある演出が多く、ハラハラドキドキです。
最後はご都合主義のようなエンドでもなく、すこし切ないエンドです。ある意味ハッピーエンドですけど
ダスタンにとってはまた初めから彼女との関係のやり直しって感じですね
(ネタバレかもしれないので白文字にしておきました。)あははは。
最後には兄弟たちとの絆の強さを再度確認させられるものだと思います。
映画にはすこしだけ笑いを取る人物が必ず一人二人はいると思います。この映画にもその位置づけの人物がいますが、
最後のその二人は本当にカッコいい。暗殺集団ハッサッシンにすら勝った。特に訓練された暗殺集団に。
すごく、感動というか、胸が熱くなりましたね。いろいろとウルっときたりしましけど、泣いてはいないです。


面白いので是非、見に行ったら良いともうよ!


CIMG0439.jpg
10:18 日記 | (0) | (0) | 


 ← BFBC2とMW2比較されがちだけど。 | TOP | 買い物依存症。感染拡大中。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← BFBC2とMW2比較されがちだけど。 | TOP | 買い物依存症。感染拡大中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。